都職員から小池知事へ“怨嗟の声” 愚策「東京アラート」以降はトップの役割放棄

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月4日 9時26分

「東京アラートを制定した際、小池知事は積極的に関わったのに、先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけでした」――ため息交じりに話すのは東京都のある職員だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止に飽きたのか、やる気を失っているのか、都知事選に集中したいのか。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング