13年ぶり篠原涼子「ハケンの品格」の悩みはキャストの“加齢と大御所化”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月6日 9時26分

「私を雇って後悔はさせません。3カ月間お時給の分はきっちり働かせていただきます」のすがすがしい名セリフとともに、13年ぶりに篠原涼子(46)主演の「ハケンの品格」(日本テレビ系)が戻ってきた。数々の資格を持ち、時給は3000円の“スーパー派遣”として篠原演じる大前春子の爽快劇。世の中はコロナ禍の影響で派遣切りが急増し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング