写真

ペッパーランチは投資ファンドに譲渡(C)日刊ゲンダイ

【プロはこう見る経済ニュースの核心】 崖っぷちからひとまず生還――といったところか。外食チェーン大手のペッパーフードサービスが安価なステーキが主体の洋食事業「ペッパーランチ」の売却に踏み切る。売却資金は、今月末に期限の迫っている短期借入金20億円の返済原資や主力「いきなり!ステーキ」事業のリストラ費用などに充てる。単体ベースで約70億円の売却益を計上できる見込みで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング