大谷翔平 674日ぶり実戦復帰で大乱調…不安は登板後の肘の張り

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月9日 11時20分

エンゼルス・大谷翔平(26)が二刀流復帰に不安を残した。 約1年10カ月ぶりに登板した7日(日本時間8日)の紅白戦は打者10人に対して7四球。7年約266億円でFA移籍の強打者レンドン(前ナショナルズ)の胸元にぶつけるなど、制球が定まらなかった。 「思い切り投げていないし、右の打者中心にどちらかというと置きにいってしまった。術後明けの不安というより、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング