写真

小池都知事(左)は豊島区の高野区長とはベッタリ(C)日刊ゲンダイ

都内の新規コロナウイルス感染者が200人を超えた9日、小池知事は総額3132億円の補正予算案を発表。区市町村の休業要請に従ったホストクラブなど「夜の街」関連の店に対し、都が1店舗当たり50万円の休業協力金を補助する方針を固めた。経費50億円を確保した補償自体は結構なことだが、政策決定過程がどうにも怪しい。小池知事は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング