写真

大迫勇也(C)共同通信社

ドイツ1部ブレーメン所属の日本代表FW大迫勇也(30)は、まさに<薄氷>という言葉がピッタリのシーズンを送ることになった。 今季最終戦前の順位は降格圏内の17位。それでも、最終戦でケルン相手に6―1と大勝して16位に滑り込み、2部3位チームとのプレーオフをしのぎ切り、奇跡的に1部残留を手繰り寄せた。 ケルン戦2ゴールと活躍した大迫は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング