写真

六回に滑り込み、山田哲(上)を倒し、守備妨害を取られたパーラ(C)日刊ゲンダイ

巨人が首位から陥落した。 12日のヤクルト戦で初回2死一塁から村上の飛球を左翼・亀井、中堅・丸がお見合い。2人の間にポトリと落ちる間に先制を許した。結局1点差で競り負けただけに、痛恨の失点となった。原監督は「細かいミスは負けると目立つね」と頭をかいた。 1点を追う六回にも珍プレーがあった。1死一、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング