木下優樹菜引退の決定打 “におわせ不倫”で推定有罪の燃料投下【2020年上半期ネット炎上事件簿】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月14日 9時26分

【2020年上半期ネット炎上事件簿】#9 加藤紗里が目指している炎上商法のキモは、自粛警察やネット自警団をはじめとするアンチを相手に「向かっていかない」「噛み合った言い争いをしない」ということだ。 全国一斉に行われるフルボッコのイジメのようになりがちな最近の炎上では、批判を真に受けると疲弊して心が折れてしまう。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング