分配金バブルが引き起こす球団経営者の「モラルハザード」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月14日 9時26分

【メジャーリーグ通信】 メジャーリーグは60試合に短縮して23日に開幕するが、米国ではコロナ感染者数が増え続けているため、全試合無観客で行われる可能性が高くなっている。 30球団の中には無観客になったことで大きなダメージを受けるところと、かすり傷程度で済むところがある。ダメージが大きいのは入場料収入の比率がメジャーで最も高いアストロズとカブスである。この2球団は連日満員で入場料収入が総売り上げの43%を占めるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング