キャバ嬢シングルマザー殺害したのは元同僚のボーイだった

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月15日 9時26分

2人の「接点」は姫路市のキャバクラ店だった。 「お母さんが死んだ。救急車を呼んで。お願い」 6歳の長男は泣きながら県営住宅の隣家のチャイムを鳴らし、住民に助けを求めた。 兵庫県姫路市の県営住宅で12日、この家に住む保険外交員、田口朱音さん(24)が寝室で腹を複数回、包丁で刺され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング