Photo:Shutterstock お世話になってます。Wikipedia(ウィキペディア)さんには何から何まで。翻訳者の友と言ってもよいのではないかと思います。特に便利なのは、左のメニューから選択できる各国語版の存在ですよね。これって英語では何て言うの?っていうときに使えますし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング