行き過ぎた指導で、子供を死なせてしまう「指導死」。横暴な教師はなぜ減らないのか

HARBOR BUSINESS Online / 2018年1月12日 15時55分

◆不適切な生徒指導が招いた子どもの自殺は「指導死」と呼ばれることがある 福井県池田町の中学校で2017年3月、中学2年の男子生徒が校舎から転落した。 自殺と見られている。学校事故等調査委員会は、副担任による叱責がくり消されていたことを指摘。また、目撃した生徒の話として、担任が「身震いするくらい怒っていた」という。 当時の教務主任が担任に対して「正しいことであっても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング