中国通信大手ZTEが米企業と取引禁止に! ドコモなど日本メーカーへの影響は?

HARBOR BUSINESS Online / 2018年4月23日 15時54分

米国商務省傘下の産業安全保障局(BIS)は中国の通信機器大手・中興通訊(ZTE)とその子会社を取引禁止顧客リストに掲載した。米中の貿易摩擦が激化する可能性もあり、一連の事案の背景と影響を解説する。 ◆なぜ、取引禁止になったのか? BISは2018年4月15日付けでZTEと同社の完全子会社の深圳市中興康訊電子を禁止顧客リストに掲載した。期間は2025年3月13日までの約7年間だ。 ZTEなどは長期にわたり通信機器をイランなどへ違法に輸出したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング