写真

ALEC WILSON / FLICKR

キューバで5月18日に旅客機が墜落、111人が死亡、2人が現在も重体で治療を受けている。首都ハバナのホセ・マルティー空港を離陸した直後の墜落だった。この飛行機は「グローバル・エアー(GlobalAir)」というメキシコに本社を構える航空会社の所有で、同航空の機材は以前も異常が多く検出されてチリの領空を飛行することが禁止されたことがあるという。 ◆キューバの航空事情が抱える問題 キューバは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング