カショギ氏の死は、サウジの分割を導く導火線になるかもしれない

HARBOR BUSINESS Online / 2018年10月23日 8時32分

すでにその死亡を巡る二転三転するサウジ側の説明や、噂されている残虐な殺害方法などが世界的に話題になっているサウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏の死。 もともとサウード家から重用され、諜報局長だったタルキ・アル・ファイサル(TurkialFaisal)王子の顧問や、現在サウジで一番の富豪とされているワリード・ビン・タラル(IwaleedbinTalal)王子の側近も務めたことがある経歴の持ち主が、サウード家の批判者に転じたのは、2015年にサルマン国王の政権になり、彼の第3夫人の長男ムハンマド・ビン・サルマン(MuhamedbinSalman)が第一王位継承者になって専制的な権力を振るう…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング