写真

健保組合連合会の試算によれば、団塊世代が後期高齢者になる’25年には、健保組合の4分の1超が財政難に陥り、解散の危機を迎えるという……

7月には日生協健保組合、9月に国内2位の規模となる「人材派遣健康保険組合」の解散など大きな健保組合(健康保険組合)が、財政難を理由に解散するケースが相次いでいる。 健康保険組合連合会によれば、2017年4月1日現在1398組合だったのが、2018年4月1日は9組合が解散や合併消滅などで減少している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング