写真

韓国国防部の反論ビデオより(YouTube)

◆独り歩きする韓国側発表の曲解と嘘 当初、短編記事で書きませんかと言うことで始まった日韓軍事インシデント「日韓電探照射問題」シリーズは、前回の第四回をもって一段落したと考えています。 今後は、日韓両政府による真相究明に期待することですが、本稿で一貫して指摘してきたように本件事態に関しては、軍事機密(防衛機密)が関わるためにたいへんに事実(ファクト)の公表が限られています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング