沖縄の死んだジュゴン、ひっそりと解剖。辺野古基地建設との関係は!?

HARBOR BUSINESS Online / 2019年7月18日 8時33分

Contents1生息が確認されていた3頭のうち、唯一のメスだった2解剖の目的は「死因究明」ではなく「ジュゴン標本化」!?3今帰仁村の解剖関係予算の中には、「死因究明」の費用は計上されていない!?43月14日にジュゴンの鳴音を頻繁に検出、沖縄防衛局は工事の影響を否定5不足する船舶運航状況のデータ6土砂運搬船約200隻、環境保全図書に反した航路7ジュゴンの解剖と死因究明に注目を ◆生息が確認されていた3頭のうち、唯一のメスだった 7月17日、国の天然記念物のジュゴンの死骸の解剖が実施された。今年3月に、沖縄県今帰仁(なきじん)村の運天漁港で見つかった死骸だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング