写真

Contents1「国が安全だというのに、なぜ風評被害を煽るのか」という批判2食の安全基準が、原発事故後は「核のゴミ」レベルまで上がった3山本候補が被曝の問題を訴え続けてきたことの意義4「放射脳」と言われることを承知のうえで弱者の側に立っている5福島の街頭演説に見た、山本氏の「対話しよう」という姿勢 ◆「国が安全だというのに、なぜ風評被害を煽るのか」という批判 7月21日に行われた参議院選挙に、れいわ新選組を率いて立候補した山本太郎氏。れいわ新選組には、北朝鮮拉致被害者の蓮池薫氏の兄で、元東京電力社員の蓮池透氏も参加、立候補していたが、特定枠から木村英子氏、舩後靖彦氏の2名が当選。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング