写真

<まんが/榎本まみ>

Contents1弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<21>2面前でモラハラを見せられトラウマを負う子どもたち3モラハラ元夫との面会を強要する家裁調査官4家裁はモラ夫の有害性を認識していない ◆弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<21> 離婚調停の席上、家裁での試行的面接交流の実施について問われ、妻は、「子どもが彼を嫌がっているので無理です」と述べた。それに対し、家裁調査官は、 「騙して連れて来ればいい」 と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング