写真

Amazonの物流拠点「フルフィルメントセンター」(写真は大阪府堺のもの)  photo by Asacyan via Wikimedia Commons(CC BY-SA 3.0)

『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋)で大きな話題を呼んだ“企業から嫌われるジャーナリスト”横田増生氏の2年ぶりの書籍が刊行された。今度のターゲットは究極の勝ち組企業、GAFAの一角を占めるアマゾンだ。 9月17日に発売された『潜入ルポamazon帝国』(小学館)の取材範囲は国内にとどまらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング