写真

法務省の周りなどをデモ行進

◆被収容者の死は本当に「仕方がない」ことだったのか? 長崎県にある大村入管の収容施設内で、6月末にナイジェリア人のサニーさんが3年7か月もの長期収容の末、謎の死を遂げた。法務省側は「死因を調査中」と言っていたが、10月1日にようやく「ハンガーストライキによる餓死」と発表した。 今の日本で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング