写真

主催した「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相(中央)=13日午前9時1分、東京都新宿区の新宿御苑(代表撮影) 時事通信社

公職選挙法や政治資金規正法などに抵触するのではないかと問題になっている「桜を見る会」。ご存知のとおり、会費5000円で鳳凰の間にシャンソン歌手や銀座久兵衛の寿司などが登場した、安倍晋三総理の「前夜祭」などが焦点となっている。 ◆総理の“仲間”が一挙集結 そんななか、そもそもの発端となった「桜を見る会」自体の招待客も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング