写真

新屋演習場から秋田県庁方向(東側)を撮影2019/10 <撮影/秋田放射能測定室「べぐれでねが」 めたぼ氏> 山の麓まで、遮蔽物が存在せず完全に見通せる

◆2029年10月。想定条件 今回は、いよいよ秋田市イージス・アショアが戦術核攻撃を受けたときに何が起こるかをこれまでに示した資料を基に状況を示します。確率が関わる数字は乱数を用いて判定しています。本稿では、2029年10月の秋田市の昼間人口を30万人と想定しています。 繰り返しますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング