【阪神】“東京Dの鬼”福留孝介、球界最年長が開幕伝統の一戦打ち砕く

スポーツ報知 / 2020年5月27日 7時0分

阪神・福留孝介外野手(43)が26日、甲子園で行われたシート打撃で1安打1四球をマーク。予定の2打席で結果を残し、さらに二盗を試みるハッスルプレーでチームを盛り上げた。22年目を迎える球界最年長選手は、開幕戦の舞台・東京Dで昨季、打率4割4分2厘と打ちまくった。巨人戦も対菅野も好相性の“東京Dの鬼”が今季もリーグ王者の前に立ちはだかる。野球ができる喜びを体現した。チーム活動再開後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング