藤井聡太七段 53日ぶり対局に完勝!最年少タイトル挑戦へ王手

スポーツ報知 / 2020年6月3日 6時0分

将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦決勝トーナメント準決勝で佐藤天彦九段(32)に先手の111手で勝利し、史上最年少タイトル挑戦に王手を掛けた。4日の挑戦者決定戦で永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=に勝利すると31年ぶりに新記録を樹立する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング