【阪神】緊急降板の藤川球児は「腰の張り」と球団が発表 73日ぶりに対外試合登板もイニング途中でベンチ裏へ

スポーツ報知 / 2020年6月3日 17時9分

◆練習試合阪神―広島(3日・甲子園)阪神は、5回から登板し、緊急降板となった藤川球児投手(39)について、投球中に腰の張りを感じたため降板したと発表した。大事をとっての処置で、4日以降の練習などは様子を見て判断する。3月22日の2軍練習試合・中日戦(ナゴヤ)以来73日ぶりの対外試合に登板した球児は0―0の5回。先頭の西川に左前打を許すと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング