【巨人】亀井善行が検査のため病院へ 右肘への死球で途中交代

スポーツ報知 / 2020年7月2日 21時9分

◆JERAセ・リーグ公式戦巨人5―3DeNA(2日・東京D)巨人の亀井善行外野手(37)が右肘に死球を受けて途中交代し、検査のため病院へ向かった。1点リードの6回無死。エスコバーの内角154キロをよけようとするも、ボールが右肘の後方を直撃。顔をゆがめてしばらくその場から動けず、そのまま代走が送られた。試合後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング