コロナ禍異例の17日間の選挙戦終了…小池百合子知事は一度も街頭演説せず

スポーツ報知 / 2020年7月5日 6時0分

新型コロナウイルスの感染者が増え続ける中、5日に投開票される東京都知事選は過去最多となる22人が立候補し、4日に17日間の選挙戦を終えた。現職の小池百合子知事(67)は人の密集を避けようと一度も街頭演説を行わず、インターネットのみで活動するなど異例の選挙戦となった。通常、最終日は「最後のお願い」として各陣営は著名人や推薦を受ける政党の幹部ら応援弁士を招き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング