【鹿島】VAR見送り最初の“被害者”に…先制点を奪われた場面は相手オフサイド?

スポーツ報知 / 2020年7月5日 8時0分

◆明治安田生命J1リーグ第2節川崎2―1鹿島(4日・等々力)鹿島がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)見送りの最初の“被害者”となった。前半2分に先制点を奪われた場面では、谷口が明らかにオフサイドポジションにいたにもかかわらず、得点が認められた。1点を追う後半42分にはデビュー戦となったルーキーFW染野が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング