【日本ハム】公文克彦、プロ8年目183戦目で初黒星「自分のミスで…」

スポーツ報知 / 2020年7月12日 7時0分

◆パ・リ-グオリックス5―3日本ハム(11日・京セラドーム大阪)日本ハム・公文克彦の初登板から黒星なしのプロ野球記録が182試合で止まった。同点の8回に6番手で登板。1死一、三塁のピンチを背負い、吉田正を迎えた。134キロのスライダーで投前へのボテボテのゴロに打ち取ったが、三塁走者・山足は本塁へギャンブルスタート。公文は捕球したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング