エンゼルス・大谷翔平投手にアクシデント 腰の張りを訴えて調整に遅れ

スポーツ報知 / 2020年7月12日 8時13分

エンゼルス・大谷翔平投手(26)が11日(日本時間12日)、腰の張りを訴えているとJ・マドン監督(66)がオンライン会見で明らかにした。指揮官によると、「何も心配ない。次週には紅白戦で投げられると思う」と軽症であることを強調。7日(同8日)に18年10月の右肘手術後、紅白戦でマウンドに上がり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング