藤井聡太七段 「封じ手」初体験 署名忘れるも木村王位がそっとアシスト

スポーツ報知 / 2020年7月14日 6時0分

将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負第2局が13日、札幌市で1日目を終えた。第1局を制した史上最年少タイトル挑戦者が史上最年長初タイトル獲得者に挑む30歳差対決の第2ラウンド。藤井七段は2日制ならではの慣習「封じ手」で封じる側を初経験。封筒への署名をし忘れる初々しさも見せたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング