写真

箱根駅伝予選会を日本人1位でゴールする順大の三浦龍司(カメラ・頓所 美代子)

◆報知新聞社後援第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)新型コロナウイルス対策のため無観客の周回コースで行われ、順大は予選会が2018年にハーフマラソンに変更されて以降、最速の計10時間23分34秒でトップ通過を果たした。3000メートル障害日本歴代2位のルーキー三浦龍司が中大・吉居大和らライバルに競り勝ち、男子マラソン東京五輪代表・大迫傑のU20日本記録を更新する1時間1分41秒で日本人トップの快走。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング