写真

新鮮味の薄いデザインや航続距離の短さなど好き勝手に言われてきた「日産リーフ」だが、これまでの功績は大いにたたえられるべきだろう。 世界初の量産型EVとして初代リーフがデビューしたのは、2010年12月のこと。その後、海の物とも山の物ともつかなかったEVを育て続け、2017年に現行の2代目リーフへとバージョンアップ。いまやグローバルでの累計販売が38万台を突破するなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング