存続危機の大宅壮一文庫、クラウドファンディングで資金募集

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年5月19日 12時21分

資金難で存続の危機に陥っている雑誌の図書館「大宅壮一文庫」が5月18日、クラウドファンディングで運営資金の募集を開始した。目標金額は500万円で、事務局職員の給与や施設・備品の補修や購入、データベースシステムの改修費、維持運営費に充てるという。 大宅壮一文庫は1971年にオープン。評論家・大宅壮一の雑誌コレクションを引き継ぎ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング