日本で消費が伸びるキウイ 果物全体は低迷続く

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年9月25日 6時0分

夏から秋に季節が移り、スーパーマーケットなどの店頭に並ぶ果物もさま変わりしてきた。まさに「実りの秋」が本番を迎えようとしている。 しかし、そうした光景とは裏腹に日本人の果物消費量は落ち続けている。総務省が発表する「家計調査」のデータによると、生鮮果物の購入数量(2人以上の世帯)は減少の一途をたどっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング