25メートルの「ダブル連結トラック」 福山通運が運行実験

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年10月17日 12時11分

福山通運は10月16日、大型トラック2台分の貨物を運搬できる「ダブル連結トラック」の運行実験を始めた。車両全長25メートル・最大積載量24トンの大型トラックを使用した実験で、ドライバーの高齢化や人手不足に対処する狙い。 今後1年間、愛知県北名古屋市〜静岡県裾野市間の新東名高速道路を通るルートを週3往復する。一定の成果が得られた場合は継続を検討するという。 福山通運は今年3月から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング