北上製紙が全事業を停止へ 事業環境厳しく黒字化困難

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年1月16日 17時15分

日本製紙は1月16日、連結子会社の北上製紙(岩手県一関市)が7月末で全事業から撤退すると発表した。 1948年の創業以来、東北地区を中心に新聞用紙や段ボール原紙を供給してきたが、古紙など原材料価格の上昇で事業環境は厳しく、2017年3月期は約54億円の売上高に対し約17億円の最終赤字を計上するなど、赤字経営が続いていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング