仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年2月22日 8時16分

いま、これまでにないほど仮想通貨が注目されている。 もちろんその最大の原因は、仮想通貨取引所の大手であるコインチェック社から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が何者かによって盗まれたからだ。 この史上最大規模の「仮想通貨強奪事件」では、盗まれた通貨がすでにインターネットの地下社会である「ダーク(闇)ウェブ」で他のコインに交換されるなどの動きが報じられている。事件は文字通り“闇”の中といったところだろう。 仮想通貨については、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング