リコー、「北米事業で最大1000億円減損」報道にコメント

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年2月22日 11時28分

リコーは2月22日、北米事業が低迷した影響で最大1000億円の減損処理を検討しているとの一部報道に対し、「当社が発表したものではない」「減損テストを実施中だが、結果は出ていない。現存実施の要否や減損金額は現時点では不明だ」とのコメントを発表した。 同日付の日本経済新聞によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング