横綱の稀勢の里が引退できない、2つの背景

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年7月13日 8時16分

大相撲の名古屋場所で横綱白鵬が途中休場となった。初日から3連勝して快調な滑り出しを見せていたが、4日目に日本相撲協会へ「右膝蓋腱(しつがいけん)損傷、右脛骨(けいこつ)結節剥離骨折で2週間の安静を要する」との診断書を提出。2日目の取組前に滑って右足を痛めていたという。支度部屋で今年はここまで4場所中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング