湖池屋、18年6月期は最終利益半減 「ポテチショック」の傷癒えず

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年8月10日 17時18分

湖池屋が8月10日発表した2018年6月期(17年7月~18年6月)通期の連結決算は、売上高が前年同期比6.4%増の322億3100万円、営業利益が21.2%減の2億7000万円、最終利益が54.2%減の1億3700万円と増収減益だった。 減益は、2016年8月の台風被害でポテトチップスの原材料である北海道産ジャガイモの収穫が激減した影響が残っており、上半期の売り上げが伸び悩んだためという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング