キユーピーが業界の少量志向に反しドレッシングを「増量」した理由

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年9月19日 7時20分

キユーピーは8月、ドレッシングの主力商品のうち最も小さい150ミリリットル入りボトルを180ミリリットルに増量した。たったの30ミリリットルの増量だが、調味料業界ではちょっと異例の変更だ。 ●他社のドレッシングは少量に 同社は主力ドレッシングについてこれまで一貫して減量を進めていた。他メーカーでも日清オイリオが17年春に主力の「日清ドレッシングダイエット」の200ミリリットルを185ミリリットルに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング