写真

「働く人たちの厳しい現実と苦悩」は続いている。私たちが考えるべきこととは?(写真提供:ゲッティイメージズ)

「教壇に立つ私の携帯が鳴った。授業を中断し、急きょ新神戸へ。列車が滑り込んできた時、医師から携帯へ。『心肺蘇生を打ち切ってよいか』。私は訳も分からず、『止めないで!息子を助けて!』と叫んだ。看病どころか、息子の命は風前のともしび。母は何もしてやれない。 夕方逢えた息子はすでに冷たく、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング