実はコンビニより多い「接骨院」 増えすぎて競争激化、倒産が過去10年で最多に

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年1月16日 12時49分

2018年に発生したマッサージ事業者(マッサージ院、鍼灸院、接骨院、整骨院、整体院など)の倒産は93件で、過去10年で最多を記録した――。東京商工リサーチの調査でこんな事実が明らかになった。要因は、他院との競争激化などに伴う「業績不振」が73件で最多だった。 業績不振のほか、「事業の失敗」「連鎖倒産」(ともに6件)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング