ついに「高温」投入 “3本の矢”手にしたプルーム・テックはアイコスに勝てるか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年1月18日 5時0分

「これからの加熱式たばこは温度で選ぶ時代になる。これまで注力してきた低温加熱式を強化しつつ、高温加熱式のカテゴリーでシェア奪取を目指す」――。日本たばこ産業(JT)の岩井睦雄副社長は1月17日に開いた加熱式たばこ「PloomTECH(プルーム・テック)」の新モデル発表会でこう強調した。 新モデルは「PloomTECH+(プルーム・テック・プラス)」と「PloomS(プルーム・エス)」の2機種で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング