“売れない魚”の寿司が、なぜ20年も売れ続けているのか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年3月20日 8時30分

魚のサイズが小さかったり、見た目が悪かったり、さばくのが面倒だったり――。さまざまな理由で市場に出荷されない「未利用魚」を積極的に仕入れ、宅配寿司のネタにしているところがある。東京都墨田区にある「黒酢の寿司京山」だ。 京山は1999年3月にオープン。その年の5月に、やっかいもの扱いされてきた魚を仕入れて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング