なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年3月26日 8時9分

最近、「自虐」を前面へ押し出すことで、世間の関心を集める、いわゆる「自虐マーケティング」が大盛り上がりしている。 埼玉の自虐ネタをふんだんに盛り込んだ映画『翔んで埼玉』は興行収入25億円を突破、観客動員数も193万人に達するなど快進撃が続いているのは、ご存じの通りだ。 また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング