「キャッシュレス大国」中国の実相――“信用経済”の深い影

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年4月26日 6時0分

中国の首都・北京市の北東部に位置する対外経済貿易大学。私が教えるこの経済金融系重点大学のそばに、中国人の同僚や友人たちとよく行く、お気に入りの四川料理店がある。好物の「麻辣香鍋(マーラーシャングオ)」や「口水鶏(コウシュイジー)」などの料理と一緒に、北京の地酒「牛欄山(ニュウランシャン)二鍋頭(アルグオトウ)」をたらふく飲んでも一人50元(約800円)程度で済むローカルレストランだ。 店には紙のメニューもあるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング